知話輪の“コグニティブ・エージェント”

Cello(チェロ)

Cello
チェロ

アプリアイコンから覗く犬のマスコットキャラクター「cello」。「cello」とは、イタリア語で“小さいもの”を意味する接尾語です。

楽器のチェロが持つ特徴ように、多くの人に、多様な場面や役割で貢献し魅了するソリューションになってくれることを願ってこの名前がつけられました。

楽器としてのチェロは主役(主旋律)から縁の下の力持ち(伴奏)にもなり、独奏楽器としても人気のある広い活躍の場を持つ楽器です。クラシックからポップス、ロックまで。伴奏から主旋律、独奏まで。小さな音から大きな音まで。チェロが多彩な役割を持つように、知話輪とcelloは皆様の多様な業務をお手伝いいたします。