話題が一目でわかる!
ビジネスチャットの見落とし防止術

ビジネスチャットの見落とし防止術

長い文章だと読む気が無くなるように、ビジネスチャットでもメッセージ数が増えると「ざっと読んで終わり」「ちゃんと読んでない」ということが出てきます。では、どうしたら読んでもらえるでしょう?

1つは、通知先指定。知話輪ではメッセージに「@名前」をつける通知先指定により、届けたい相手に確実に届けることができます。今回はもう1つ、見落とし防止のためのさらなる工夫をご紹介します。

スタンプで注意を引こう

見落とし防止の工夫、それはスタンプです!スタンプは感情を表現するだけではありません。表現豊かなスタンプは早いスクロールの中でも一度止めて見てしまいます。また、動くスタンプもポイント。人間の目には、視界ギリギリであっても小さい動きに反応してそこを見てしまう働きがあります。

スタンプで注意を引こう

例えばトラブル発生は、必ず関係者全員が確認しなければらない情報でしょう。そういった「ここぞ」というタイミングでスタンプを使うと、リアルタイムに見た人は緊張感を持って早期解決に取り組みます。後からタイムラインを確認した人も見落としなく、スムーズに次の行動を起こすことができます。

話題を伝えて読み飛ばし防止

話題を伝えて読み飛ばし防止

ビジネスでは様々な種類のメッセージがあります。緊急の他にも報告・連絡・相談、共有などなど…。はじめにどのような話なのかわかると親切です。

ビジネス文書は簡潔に。それはビジネスチャットでも変わりません。まず話の概要を伝えて簡潔にまとめることで情報を確実に伝えましょう。