いつでもどこでも
ブレインストーミング!
思いついたアイディアは、その場で共有

良いアイディアが結局何もできなかった経験はありませんか?

何かをキッカケに思いついたアイディア。このアイディアを、個人で温め続けた挙句、結局提案することなく終わってしまった経験はありませんか?また、思いついたアイディアを、利害関係者が集まる場で提案した結果、まわりから反対や批評されてしまい、結局何もできなかった経験はありませんか?

思いついたアイディアの1つ1つは、非常に脆いもの。ここぞのタイミングで、上手く提案しないと、アイディア自体を潰されてしまうこともあります。アイディアは、利害関係の無いチームの中で大事に温め、ここぞのタイミングで、実現に向けて動く必要があります。

アイディアの種を育てよう

知話輪は、チームの中でアイディアを温める場として最適です。思いついたアイディアの種を、チームのトークルームで共有します。
チームの中でディスカッションしながら、アイディアの種を大事に育てていきます。良いアイディアには、チームメンバーから、沢山のリアクションがあります。お互いに雑談するように、誰かのアイディアに乗っかる事で、別なアイディアが生まれてくる可能性も高くなります。

アイディアを出すための会議を用意する必要はありません。普段のトークルームでの会話がそのままブレインストーミングになります。トークルームでのやりとりは、最初からテキストデータになっているので、ブレインストーミングで出てきたアイデアをコピー&ペーストしてストックすることや、振り返ることも非常に簡単です。アイディアがウケたかどうかは、皆からのリアクションやスタンプで可視化されます。

当然ですが、会議室も不要なので、会議室に空きが無く、人も集まれないからブレインストーミングが出来ないという事もありません。会議室での ブレインストーミングでは、良いアイディアが出てこないことも多いですが、トークルームでのカジュアルなやり取りの中だと、休憩中の雑談に近い状態で、アイディアも生まれ易くなります。

アイディアの花を咲かせよう

思いついたアイディアは、その場で共有

アイディアの花を咲かせるタイミングは、突然訪れるもの。チームの中で、複数のアイディアの種を育てておけば、ここぞのタイミングで提案が可能になります。上手くタイミングを捉えることで、アイディアの花を咲かせましょう。

「知話輪」の特長はこちら