スケジュールをグループウェアとの連携で見える化
仕事が超加速するチャットでステータス確認

ステータスの共有で仕事が超加速

朝イチで別のフロアにいる社内の人にメールをしたけど、夕方になっても返信がない。
「今日は忙しいのかな?」と思ってそのままにしていたけど、翌日になっても返信がこない。
しびれを切らして電話をしてみたら、他の人がでて「今週は海外出張ですから返信は来週じゃないですか?」。 海外出張じゃないにしても、似たような経験をしたことがあるのでは?

こういうことが起きると、返事を待っていた時間が仕事の停滞時間に早変わりします。海外出張中だとわかっていれば、別の連絡手段を使っていたのにとがっかり&後悔。

最近は、業務連絡のツールとしてビジネスチャットも普及してきました。
リアルタイムでやり取りできること、ツールによってはメッセージの既読状況がわかったり、スタンプなどで即座にリアクションできたりと、さまざまなメリットがあります。
さきほどの返事がこないケースにも有効かもしれません。

しかし、相手が休暇中なのか会議中なのか、外出中なのかといったことまではビジネスチャットではわかりません。 そこで便利なのが「知話輪®」です。

「INSUITE」のスケジュールとの自動連携でステータスがわかる

「知話輪」はビジネスチャットでありながら、ポータル・グループウェア「INSUITE®」のスケジュールとの連携が可能です。
たとえば、「INSUITE」のスケジュール機能に登録された予定は「知話輪」と自動的に連携されるため、会議に出席している時間帯になったら本人がステータスを切り替えなくても「会議中」とわかります。
同様に、スケジュールがお客さま先に訪問中ならば「外出中」、緊急の作業中ならオンラインでも「取り込み中」となります。単にオフラインというだけでなく「休暇」なので今日はずっとオンラインにならないなど、さまざまなステータスが「INSUITE」に登録されたスケジュールとの連携でわかるようになっています。

INSUITE®のスケジュール機能と自動で連携                 

また、「知話輪」のコグニティブエージェント“Cello”に会議のことを聞けば、スケジュールに登録されている会議の詳細な内容も教えてくれるので、割り込んでもいいかどうかが判断しやすくなります。

ビジネスチャット「知話輪」とポータル・グループウェア「INSUITE」の連携についてはこちら

全員のステータスが手に取るようにわかる!

同じフロアにいる同僚相手だったら、席にいるかどうかが目視でわかって気軽に声をかけるのではないでしょうか?

「知話輪」を使うと、遠隔地にいる同僚や違うフロアにいる仲間に対しても、同じフロアにいる同僚に気軽に声をかける感覚でコミュニケーションがとれるようになります。連絡したいと思ったときに相手のステータスがわかれば、適切なタイミングで連絡できて停滞時間がなくなります。

ぜひビジネスチャットを使って仕事の進捗が加速する感覚を体感してください!