大量に届く承認依頼
まとめて通知しませんか
まとめ通知でメリハリをつけた承認作業を

決まった時間にまとめ通知

Kさんは、大手システム会社マーケティング本部で部長をしています。 配下のメンバーは100名ほど。メンバーからのワークフロー(稟議、購買、交通費など)の承認も大切な業務です。Kさんの会社では、各ワークフローをWebデータベース「Sm@rtDB」を使って電子化しています。

先日、「Sm@rtDB」を最新版にバージョンアップしたことで、「知話輪」と連携されるようになりました。さまざまなワークフローの承認依頼が「知話輪」のタイムラインに通知されるようになリ、オフィスにいない状況でも、ちょっとしたスキマ時間に確認・承認ができるようになりました。その結果、外出が多いKさんの所でフローが止まってしまう状態が改善され、いろいろな仕事がスピードアップしました。

しかしながら部長という立場上、ワークフローの承認依頼以外にも、Kさん宛てのメッセージが大量に届きます。その結果「知話輪」の通知(赤いバッチ)は常に2桁以上の数字が表示されている状態となってしまい、自分宛てのメッセージに返信しているうちに、スキマ時間で承認したかった承認依頼が後回しに…。

本来、スキマ時間にサッと処理できるはずだったのが、通知に追い回されてしまって全然スマートじゃない状態に。

時間を決めてスマートに承認

承認依頼が大量に届く人は、メッセージも大量に届きます。通知に追い回される状態から脱出しましょう。

「知話輪」では、通知してほしい時刻を「Sm@rtDB」で設定できます。設定した時刻になると、未処理となっている承認依頼がまとめてタイムラインへ届きます。大量に届く承認依頼の中から、必要なものを探す必要はありません。

まとめ通知の確認方法

まとめ通知のおかげで、Kさんは自分の決めた時刻に通知を受け取ることができるようになりました。未処理となっている承認依頼だけがリマインドされることで、承認忘れも無くなります。集中して取り組む時間を決めることで、メリハリをつけて仕事ができるようになりました。

「知話輪」の特長はこちら
「知話輪」のシステム連携はこちら