複数の話題で大混乱!?
投稿をまとめて整理しよう
「トピック機能」で話題をわかりやすく

話題が入り混ざり大混乱

チャットで会話をしていると、ひとつのタイムラインで、複数の話題が入り乱れてしまうことがあります。どの話題に返信をしているのかわからず、混乱を引き起こすことに。 たとえば、Sさんが所属する人事部ではさまざまな研修を企画しています。異なる研修について話す場合は、新しくグループを作るという手段もあるのですが、数が多い場合いちいちグループを作ることも手間になってしまいました。短い期間でしか使わないグループが増えるとどこで会話するべきか迷い、かえって使いづらくなります。しかしタイムラインがひとつでは、どの研修についての会話かわからなくなり、困っていました。

トピックごとに分けてひとつの話題に集中

「知話輪」では、ひとつのタイムラインで複数の話題を整理することができます。困った時は、ハッシュタグのように使える「トピック機能」で整理しましょう。使い方は簡単。同じ話題について話す投稿には、同じトピックをつけます。同じトピックがついた投稿は、タイムラインのように時系列に沿ってまとめて見ることができます。トピックはメッセージはもちろん、画像や添付ファイルにもつけることができます。

トピックごとにまとめて確認

ビジネスチャットを使う上で特に困るのは、決定事項が混ざってしまうことではないでしょうか。Sさんもどの研修はなにが決まって、なにが決まっていないのか、進捗がわかりませんでした。トピックとしてまとめることにより、それぞれの研修の決定事項が明確になりました。これで、トピックを使えば異なる話題についての会話が入り乱れても安心です。

会話を流さず未来に活かせる!

まとめて見れるので振り返りも簡単

Sさんは各研修の会話を見て、マニュアル作成・修正に活用しています。過去の会話を見ながら、指摘された抜け・漏れを振り返ります。一度した失敗は二度としないように、抜け・漏れをチェック項目としてマニュアルに反映させていきます。忙しい時にはなかなかできませんが、トピックを使えば研修が終了した後に改めて見直すことができます。業務のやりとりが文字として残るのは、ビジネスチャットならではですね。