承認待ちで大行列!
すきま時間の活用で生産性向上!

承認待ちで大行列

Oさんは大手流通メーカーの商品開発部で働いています。商品開発部では、自社プライベートブランドに関する商品の企画から販売まで行っており、いくつかの商品をOさんが担当しています。仕事を進めるにあたってはさまざまな申請が必要で、その都度上司の承認を得ないといけません。

上司の課長は協力頂いているメーカーへの訪問などで外出することが多く、社内にいても他部署との会議が中心であまり席に居ません。そのため、多数の申請が承認待ちとなっていました。課長が席に戻ってくる時間になると、申請を承認してもらおうと部下が行列している、という光景も頻繁に目撃されていました。急ぎの申請があるときは、Oさんも仕事の手を止めて行列に並ぶ必要がありました。

いつでもどこでもすきま時間に承認

ワークフローの承認依頼を「知話輪」へ通知することで、どこに居ても承認依頼が確認できるようになりました。「知話輪」は、モバイルでの使用を最優先に考えられているので、メーカーを訪問した後のちょっとしたすきま時間に承認業務が行えます。

急ぎで承認してほしい場合には、課長宛てに直接メッセージを送ることで状況が共有できます。その結果、社外でも優先して内容を確認し、承認してもらえるようになりました。それほど急ぎではない申請でも、ちょっとしたすきま時間に承認されるようになったことで、承認待ちの状態が少なくなりました。これまで、課長が外出先から戻ってくる時間になると、われ先に行列をつくることが、嘘のようになくなりました。Oさんも承認待ちでバタバタすることもなくなり、集中して仕事に取り組めるようになりました。

すきま時間を有効活用

承認待ち行列を解消し、生産性を向上

「知話輪」での承認は、外出の多い方に限らず、社内にいても会議続きでなかなかデスクに戻れない方にも有効です。次の会議が始まるまでのちょっとしたすきま時間に、承認依頼の確認と承認業務が行えます。承認待ち行列をすっきり解消することで、部下の仕事もスピードアップ。部門の生産性を向上させましょう。

「知話輪」の特長はこちら
「知話輪」のシステム連携はこちら