盗み見防止はアプリ起動ロックで
情報を盗みだすのに高い技術力が必要とは限りません

盗み見の危険は日常のどこにでも潜んでいます

機密情報を盗みだす方法は色々ありますが、その手段は、マルウェアを仕込んだりネットワーク通信を傍受したりといった、デジタル技術を使ったものばかりではありません。人間の心理的な隙や行動のミスにつけこんで盗みだす方法もいくつかあります。これらは一般にソーシャルエンジニアリングと呼ばれ、PCやスマートフォンでは盗み見などが代表的な方法です。

盗み見されるだけで簡単に情報は漏洩します

ビジネスチャットは機密情報をやり取りすることが多いため、盗み見されたときの影響は甚大です。
ましてや、スマートフォンはタッチパネルで簡単に操作ができるうえ、アプリが起動していなくてもさっきまで操作していたアプリがすぐにわかってしまいます。うっかり机に置いたまま席を外すと、ごく僅かな時間でも簡単にチャットアプリを起動して情報を盗み見ることができてしまいます。

アプリ起動ロックで盗み見の危険を大軽減!

きちんとセキュリティ対策がされている「知話輪」で情報漏洩を撃退

ビジネスチャット「知話輪®」には、アプリ起動ロックという機能があります。
これは、アプリ起動時にはもちろん、起動中でも一定時間操作されない状態が続くとロックされるという機能です。

この機能を使う場合は、事前に「知話輪」の管理者側で設定を行ったうえで、ユーザーごとのスマートフォン自体の画面ロック設定をONにし、パスコードや指紋を登録しておく必要があるため、他人が「知話輪」を起動することは難しくなります。また、起動中でも暫くしたらロックされるため、盗み見による情報漏洩のリスクは大きく軽減されます。

BYOD(Bring your own device)を導入していると、ITリテラシーやセキュリティーへの意識の違いから、スマートフォンのセキュリティ対策が甘くなる人もでてきます。しかし、「知話輪」のアプリ起動ロック機能を使う場合、スマートフォンの画面ロック設定をONにすることが必須となるため、一定のセキュリティ対策を全員に強制できるという利点もあります。

このように、「知話輪」のアプリ起動ロック機能のメリットは、盗み見による情報漏洩を防ぐだけではありません。画面ロック設定がONになることで、高価なMDM(モバイルデバイス管理)ツールを導入しなくても、スマートフォン全体のセキュリティを向上させることもできるのです。

ビジネスチャット「知話輪」は、この他にもユーザーの安全を守るための様々なセキュリティ対策を用意しています。